読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臆病者と心気症

臆病者ブロガーKと心気症の毎日。

言霊②

こんにちは。

ブログを始めてまだ2ヶ月くらいですが、3月も4月もひと月に100PVを超えました。

どなたが、共感したり、へええ!と思ったりしながら、どこかで見ていてくれるんだなあと思うと書き始めてよかった、と思います。
自分の気持ちの整理、そして同じ悩みを持つ人へ。
何か少しでも前向きに...いえいえ、前向きにならず、自分の問題と向き合うだけでも。小さい進歩でもいいから、していけたらなあと思います。



さてさて、昨日の記事、「言霊」で相談していたカウンセラーさんから返信をいただきました。

以前相談した時のようにメンタルヘルス専門の知識からいってどのような症状であるか、という詳しいことや難しい話ではありませんが、なにか心にすとんと落ちたので一部抜粋させていただきます。


これは私が高校時代になぜ周囲に、「早死にしたい」などと言ってしまったのか、というところに対しての返信です。

受験へのストレス、そして体調不良、また、素晴らしい才能を持った同級生たちに負けぬよう、ネットのアーティストさんが「早死にしたい」と言っていたのを真似て発言し、少しでも「この人には何か特別な才能がある」と思ってほしい気持ち、ハッタリをかましたい気持ちだったことを打ち明けました。


【嘘をついてしまうのも、わかりますよ。
私も、よくついてました。
嘘をつくことで、みんなと並びたい。
自分の、嫌な部分を隠してしまいたい。
でも、自分を、見ていてくれてほしい。
自分の話すことに、関心を示してほしい。
なので、嘘をつくことは仕方がない、ということも、あります。

でも、嘘って、よくないことという思いがあるから、
ついてしまったあとに、もどかしくなってしまいますよね。
でも、今さら取り消せないから、モヤモヤしてしまいます。

今回、お時間を割いて、思いを綴ってくださったのは、
言葉にして吐き出したい、というお気持ちからではないかと思います。

率直な思いが湧きあがるのは、ご自分を大切にされているからです。
自分を責めたくなる言葉が出てしまうのは、
自分自身に真剣に向き合っておられるからですよ。】


高校を卒業し、受験に失敗して、それまでいわゆる「エリートコース」を歩いてきた私は完全に道を踏み外しました。
しかし、今振り返れば精神的にも肉体的にも当時はもう限界をとっくに越えていたし、こういったコースアウトがなければ自分が壊れていたのかも知れません。


今は健康に気を使って(使いすぎて心気症ではありますが)食事もバランスよく取り、野菜を食べて、高タンパク低カロリーが主です。冷食レンチンのお弁当なんて食べなくなったし、栄養ドリンクもここ数年ほぼ飲んでいません。以前は毎日飲んでいたので、これも大きな変化です。

高校生の時と違って成人したのでお酒を飲むようにはなりましたが、友人と集まる時に数杯だけです。
あまり強くないことと、毎日晩酌する癖がつくと健康が心配だからです。


人付き合いも変わりました。
以前は切れるものは切れる、来るもの拒まず去るもの追わずでしたが、今は途中で引っ越して遠くに住んでいる友達とも時々LINEのやり取りをしたりと、周りの人との関わりを大切にするようになりました。

結果的には、色々な面で自分を大切にし始めたのだと思います。


「死ぬこと」が恐ろしい言霊になっているわけではない。

なんだかカウンセラーさんには、そう言われたような気がします。

「生きること」について考える機会を与えてくれる、そんな言霊だったのかなと。
早死にしたい発言を思い出させてくれる友人がいなければ、こんなふうには思えなかった。そういうところも、不思議な縁かも知れません。


背伸びして背伸びして背伸びしすぎて、周りに期待されて、ぐちゃぐちゃに潰れてしまった高校時代。
苦しかった過去を整理して、前向きに、これからを生きるために自分を見つめ直すいい機会だったのかも知れません。

なんだかそんなふうに思えました。






ーーーーーーーーーーー


ブログランキングに登録しています。
良ければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーー