読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臆病者と心気症

臆病者ブロガーKと心気症の毎日。

顎関節のしこり③【病院へ】

行ってきました、病院へ。 大きいところですので、紹介状を持っていっても述べ1時間半か2時間は待ったと思います。かかったのは耳鼻科。担当の先生は若い男性で、とても穏やかで優しそうな先生でした。

まずは触診。


先生「うーん、ちょっと場所が…どこかな…」

K「ここです、ここ(自分で触って見てもらう)」

先生「(私としこりに触れる手を交換して)…あー、これね。うーんとね、今日もこういったしこりでこられた方いたんだけどね…ーーーー」


先生の説明を要約すると、触った感じでは耳下腺やリンパよりも更に浅い皮膚のところになにか出来ている、とのこと。皮膚結節かな、とおっしゃっていました。ちなみに顎下のしこりについては触診ではハッキリしこりとして触れたりはしないとのこと。 そして、私がしこりに気づいたのが最近というだけで、何年も前からあったもののように思う、と。

先生「こういった、米粒状のような細長い形のものはほとんど良性だし、浅いところのものだから心配いらないと思いますよ。念のためエコーだけは予約してみましょうかね。」

というわけで今月末にエコーを予約。 ほとんど良性と思われるとのことで、ここ数日塞ぎ込んでいた気持ちが少し落ち着きました。良かったです…。

今のところ怖いものでは無さそうでした。 診察を受けた時に一気に安心するこの手のひら返したような気分は何なんだろう。自分でも未だに不思議です…。



ーーーーーーーーーーー

ブログランキングに登録しています。 良ければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーー