読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臆病者と心気症

臆病者ブロガーKと心気症の毎日。

顎関節のしこり②【不安】

心気症のために今までも色々と病院を回った中で、紹介状をもらったのは初めての経験です。

大抵はその場で一番簡単な検査、もしくは触診で終了。

「何もありませんね」

というように。

 …なので今回は、本当に悪いのかもしれない。

そんな不安が消えません。

 

改めてしこりに触ると1cmにも2cmにも、はたまた8mm程度の小さいものにも思えてきます。

 (よく動くと思ったけどそれは気のせい?

動いているのはしこりの上の皮膚?)

考え始めると背筋が冷たくなる。怖いです。

 

しかし日常に戻れば、先日は趣味の仲間と飲み会をしたり、人に会うためにどんな服を着ようかと迷ったり。痛みのない、こんな小さなしこりのことなんて無かったことのよう。

それでも怖くて、悪性リンパ腫の方のブログ、耳下腺腫瘍の方のブログ…たくさん読んでみました。

 もし今回本当に悪いものだったとしても、引き続き心気症と、そして私が患った病気についても書き続けるつもりではいます。

それでも今は、気分の浮き沈みが激しいです。

希望的な気分になれたり、気にしすぎ、検索のしすぎで何も手につかなかったり…。

 

病気に気がつけたのだとしたら心気症のおかげだ、と思うしかありません。それに、前向きに治療するしかないのです。死にたくないですし。

でもやっぱり怖い。できればこのまま、おばあちゃんになるまで健康体で、寿命を全うしてポックリ逝きたい…。

そんなことを延々考えてしまいます。

 

明日は少し遠出。

気を紛らわせるためにも、まだ下ろしていない新しい服でコーディネートして、お洒落して少し楽しい気分になりたいです。