読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臆病者と心気症

臆病者ブロガーKと心気症の毎日。

経緯② -きっかけはしこり-

2015年夏。8月頃だったと思います。
夜寝る前にベッドの上で足をマッサージしていました。するすると足を触っていくと、右足にだけ小さなしこりを見つけたのです。
(こんなところになんだろう?)
というのが最初の感想でした。
何かあればすぐGoogle、が私の癖でしたので、夜中ですがスマホをぽちぽち。検索してみました。

うろ覚えですが検索ワードは
「足 しこり」
とかそんなものだったと思います。

太腿の付け根のリンパが痛みを持って腫れているのだとか、膝にクリっとしたしこりがあるだとか。
知恵袋などで質問されている方がたくさんいました。

(自分はどれにも当てはまらないな…)
と思いながらも、目に付いてしまった【骨肉腫】の文字。

ここが皮切りでした。
一気に青ざめて、血の気が引いていくのが分かりました。
検索結果にはガングリオンやら粉瘤、その他皮下腫瘤のような良性のものもたくさんあったのに、私の頭の中にはもう骨肉腫以外ありません。

(そうだ…そういえば前に、東日本大震災原発事故で東京は放射能に汚染されてるって書いてあった…。被ばくもしているし、私は受験失敗のストレスもある。発ガンする要因ばかりだ…!)

そうとしか思えなかったのです。

 

翌朝慌てて整形外科を受診したところ、レントゲンを撮りましたが結局異常なしでした。脂肪の塊と言われ、今も体調は大丈夫です。
しかしそれ以来、ガンや死というものを身近に感じ、心配が絶えずドクターショッピングを繰り返してしまいます。

 (思い返せばあまり親しくなかった遠い知り合いのあの人も、ガンだった…テレビをつけたら芸能人も…。そうだ、私だっていつでもガンになるんだ。なる可能性がある。なんて怖いことなんだ…)

そんな思いが私の中で芽生えました。

 

命の大切さに気がつくのは良いことです。しかし、何事もやり過ぎは良くないのです。

しかし一度芽生えてしまった思いが、冷静なもう一人の自分とは裏腹に消えてくれません。

また、骨肉腫の検査方法はレントゲンが主では無かった(当時ネットで調べたところ、血液検査をしたり、色々あったと思いますが記憶が曖昧で忘れてしまいました…)ため、医師から診断を受けてもしばらくは安心出来なかったのです。

私はこの時恐らく心気症を発症しています。

それ以来現在に至るまで、自分の頭の中ではどこか冷静な判断もできていて、
(まさかここまでしなくても…)
と思うものの、それでも病院に通うのを辞められないのです。苦しい日々です。

同じ症状の方、また周りにこういった心配性すぎる人を見かけた方のお役に立てれば幸いです。